借り換えプランと例

住宅ローンの借り換えに方は大きく分けて3種類のパターンがあります。パターン別の例を見ながら、借り換えのプランを決めましょう。

・変動固定金利から固定金利へ
最も頻繁に見られるパターンです。変動金利は低めの金利に設定されてはいますが、後々の金利の変動により将来的な見通しが立てづらい金利方式です。多少金利が高めでも固定金利型に借り換えることで総返済額が確定し、毎月の返済額も安定した金額にできます。今後の金利の動きははっきりと予測できませんが、実際問題として、低金利の現在は固定金利のほうが有利というのが一般的な考え方です。

・固定金利から固定金利へ
元々固定金利を利用していながら、別の固定金利に借り換えるパターンです。わざわざ借り換えをする理由は、ズバリ金利を低くするためです。以前に組んでいたローンから現在の金利で借り換えをした場合に発生する金利差が、大きければ大きいほど借り換えの効果が高くなります。ただし、借り換えには諸費用が掛かりますので、借り換えで得られる金利差とその諸費用の金額を比較して検討する必要があります。

・固定金利から変動金利へ
固定金利から変動金利に借り換えるパターンです。金利の高い時期にローンを組んでしまった人などが、金利の安い変動金利へ借り換える場合もあるようです。変動金利は確かに金利が低く、短期的に見れば有利に見えますが、今後の金利変動リスクを考えると多少の不安感は否めません。実際、現在の金利はかなり低くなっていますので、今後上昇する可能性は大いにあります。しかし、繰り上げ返済などを活用して少しでも早く返済を終わらせてしまいたい人などには検討の余地がありそうです。