固定金利型の借り換え

固定金利型での特徴とメリット・デメリットを説明します。固定金利型は借り入れ時に返済終了までの金利を固定してしまうタイプの金利になります。将来に渡って、金利の動きに左右されることなく安定した返済が可能なので、家計の管理もしやすくリスクの少ないのが特徴です。

住宅ローンの「固定金利型の借り換え」について今一度皆さんで考えてみましょう。現状のローンを見直すだけで将来的なコストが全然お得になる可能性があります。最適な住宅ローンをお選びいただくために参考にしてみましょう。

一般的に、住宅ローンを利用する場合の返済期間は数十年単位になることが普通です。長期にわたって、先々の金利を予測することは難しいですが、借り入れ時に総返済額が決定する固定金利型ならば、数十年先の金利を心配する必要なく返済プランを立てることが出来ます。ただ、デメリットとして、変動金利型などと比べやや高めの金利設定となってしまう事が多いようです。

金利の低い現在は、固定金利型への借り換えを利用するメリットは非常に高いと言えます。固定金利型で残りの返済額を確定しておいて、もしも今後さらに金利が下がるようなら再び借り換えを検討する事も可能ですし、繰り上げ返済を使って返済期間を短縮することも可能です。

固定金利型のメリット・デメリット
メリット
・返済額が一定
・金利上昇リスクが無い
・総返済額が借り入れ時に確定する
・家計の管理がしやすい

デメリット
・金利がやや高めになってしまう
・将来金利が下がると再び借り換えの必要性もある