フラット35に借り換え

フラット35は住宅金融公庫が民間の金融機関と提携して提供する住宅ローンです。元々のサービス開始時には、借り換えでの利用はできませんでしたが、2009年6月からフラット35での借り換えも可能になりました。

フラット35は最長35年の全期間固定金利型ローンになります。固定金利型なので将来的な金利上昇リスクが無く、保証料や、返済中の繰り上げ返済の手数料が無料となるなど、各種手続きに掛かる諸費用がかなり優遇されているのが特徴です。

利用出来る条件とは

住宅金融公庫との提携により実現しているフラット35では、安定した金利と、安く抑えられた諸経費が魅力です。しかし一方で、金利の確定するタイミングが借り入れ時ではなく融資実行時のため、金利が適用されるまでの間にタイムラグがある点などのデメリットもあります。また、利用出来る条件は住宅金融公庫の定めにより以下のようにやや厳しめになっています。

・申込み時の年齢が満70歳未満であること
・借入れの返済額が年収400万円未満の人は30%以下、年収400万円以上の人は35%以下
・借入中の住宅ローンの借入額が8,000万円以下で、かつ住宅の建築費または購入価額の100%以内
・住宅取得時からの住宅ローンの返済実績が1年以上あり、その間正常に返済していること
・対象の建物が住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していること

これらの条件を満たした上で、フラット35を提供している金融機関の審査を受けなければいけません。住宅金融公庫による承認には時間が掛かるため、ある程度の期間を見ておく必要があります。

フラット35を提供する金融機関はそれほど多くはありませんが、金利・融資手数料などは各金融機関ごとに違うため、より条件の良い金融機関を探しましょう。

フラット35への借り換えメリット・デメリット

メリット
・返済額が一定
・金利上昇リスクが無い
・総返済額が借り入れ時に確定する
・家計の管理がしやすい
・保証料が無料
・繰上返済手数料が無料

デメリット
・条件や審査が厳しい
・承認までに時間が掛かる
・金利決定のタイミングが借り入れ時ではなく、融資実行時

フラット35で借入を行う際には以上のことを踏まえて上手に活用してみましょう。