変動金利型への借り換え

変動金利型での特徴とメリット・デメリットを説明します。変動金利型は年に2回短期プライムレートに連動して金利が変動するタイプです。金利の変動によって返済額が増減するため、やや安定性に欠けるのが特徴です。一般的には金利上昇局面では固定金利、金利下降局面では変動金利が有利と言われています。

固定金利型と比べ金利が安く設定される場合が多く、上手く行けば固定金利型の返済よりはるかに安い金利に抑えることも可能な反面、金利が上昇した場合には予想外に返済額が増えてしまう金利上昇リスクが付き纏います。

返済額の見直しが5年ごとに行われますが、仮に金利が大幅に上昇してしまった場合には、毎月の返済額の急激な変化を抑制するため、変動幅が1.25倍までという措置が取られます。しかし、そうなった場合は元金の減りが遅くなり、次回改定時にはさらに負担が増えていく可能性もあり、最悪の場合には毎月の返済額を利息が上回り、元金が増えていく状況になることも。

変動金利のメリット・デメリット

メリット
・当初の金利が安く設定されている
・金利が下がれば総返済額が減少していく
・キャンペーンが多い

デメリット
・金利上昇リスクが高い
・総返済額が確定しない
・毎月の返済額が不安定