借り換えの諸費用

借り換えを行うときには、手数料など次のような諸費用が発生してしまいます。

〇務手数料 約3〜5万円
印紙代 借り入れ金1,000万円以上5,000万円以下で2万円ほど
E佻震筏税 借り換え残高の0.4%
せ碧―饂亮蠖料 約7〜8万円ほど
ナ歉變 30年返済なら1,000万に付き約19万円

仮に残年数30年で3,000万円の借り換えをする場合、掛かる費用はざっと80数万円くらいの計算になります。この数字だけ見るとかなり高額な費用になってしまう感じですね。

借り換え費用での誤解

おおよその借り換え費用の計算をしてみましたが、ここに借り換え費用は高いという一般的なイメージの誤解があります。

上の例での場合にナ歉變 30年返済なら1,000万に付き約19万円、とありますが、ここで借り換え先に負担しなくてはいけない保証料が60万円近くと計算しています。この保証料ですが、以前利用していたローンの保証金を前払いで収めていた場合には未経過分の保証料が還ってきます。

もしくは金利上乗せ方式で保証金を払っていた場合には、そのまま新しい借り換え先でも引き継いでいくことも可能です。少しわかりづらいかも知れませんが、つまり、諸費用における保証金は実質的な負担金とは違うと認識してみると理解しやすいでしょう。

そして、それを踏まえてもう一度上の計算をし直してみると、実質必要な費用は20数万円で済むことがわかります。もちろんそれが負担として安いか高いかは、借り換えによって発生するメリットと比較して考える必要がありますが、借り換えの費用を検討する際のシュミレーションに組み入れて計算しましょう。