借り換え金利パターンの種類

住宅ローンを借り換える時、新規でローンを組むとき同様、金利タイプをどうするかを決める必要があります。金利のタイプは大きく「固定金利型」、「変動金利型」、「固定金利選択型」の3つに分けることが出来ます。ここではそれぞれの金利タイプの特徴を簡単に比較してみましょう。

「固定金利型」
固定金利型は借り入れ時点で金利を確定してしまうタイプです。月々のローン支払額が一定で安定的なため、将来にわたって返済を計画的に行いやすいのが特徴です。現在の金利が先々まで反映されるため、金利が安い時期には有利な金利タイプとなります。固定であるため、柔軟さには欠ける感もありますが、金利上昇リスクを出来るだけ抑えたい場合には適しています。

「変動金利型」
変動金利型は金利が半年ごとに見直され、その時ごとに改定時の金利が反映されるタイプです。最初に金利を決める際には、固定型より安めに金利が設定される場合が多いですが、その後の金利は経済情勢に左右されるため不安定なのが特徴です。タイミングに恵まれれば、完済まで最も低金利で済ませられる可能性もあります。しかし、ローンを組んだ時点で総返済額が決定していないため、安定的な返済プランは立てづらく、ややリスクのある金利タイプです。

「固定金利選択型」
固定金利選択型は固定金利型と変動金利型をの特徴を足したような金利タイプになります。借り入れ時に期間限定(2年、3年、5年、10年)で固定金利型同様にローンを組みます。そして、期間終了後に再び固定金利型か、変動金利型を決定します。固定期間終了時の金利が変動していた場合の金利上昇リスクがありますので、特徴としては変動金利型に近いと言えます。金融機関のキャンペーンなどの対象になっていることが多いです。