借り換えをするタイミング

住宅ローンを借り換えるタイミングはいつが賢いのでしょう。金利が安い時?固定金利が終了する時期?様々な理由を思い浮かべながら、結局行動に移せないという場合も多いようです。ここで、借り換えのタイミングについて考えてみましょう。

早め早めの行動をとろう!
借り換えのベストのタイミングを結論から言うと、今すぐです。借り換えを考えている最中も、返済は毎月続いています。その間、もし借り換えていたら払わなくてよかった分の金利を払っている可能性があります。これは、固定金利期間中の方にも言えることです。

「固定期間中は金利の変動が無いから大丈夫」と思っていたら、固定期間が終わった時点での金利が高くなっていて、「あの時借り換えていたら…」というケースもありえます。焦って借り換えをする必要はありませんが、早め早めに行動に移すほうが、後々後悔しないための借り換えのタイミングとしてはベターでしょう。

今後の年収や年齢も考慮しましょう
借り換えでローンを組み直す場合にも審査があります。その際には年収額が重要なポイントの一つ。当然、年収は高いほうが審査に有利となります。

先々の事を考え、転職等年収が下がってしまいそうな事情があるなら、まだ去年の年収が適用される秋頃までには手続きをしておいた方がいいかも知れません。また、年齢もローン審査のポイントとなります。なるべく若く健康なうちに審査を受けた方が有利なので、その点も考慮に入れておくと良いでしょう。